株式会社川金ダイカスト工業

アルミダイカスト、ナノキャストによる部品製造・金型設計

先輩たちの声④

TOP > 採用情報 > 先輩たちの声④
TOP > ****

瀧森 道太
製造部 鋳造課 生産技術係

これまでのキャリア:鋳造 現場 (3年間) → 鋳造 生産技術 (今年で3年目)
職種系統:生産・製造技術開発
仕事のスタイル:何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

仕事内容について

製造設備のメンテナンスが主な仕事で、設備の仕様変更がある場合には設計なども行っています。

突発でおこる設備の不具合は原因が分からないことが多く、苦労することもありますが復旧することができたときには達成感があります。

一番うれしかったこと

頑張りを評価してもらえる点。

入社して4年目になる頃、ダイカストマシンを使用して製品を製造する現場の仕事から、ダイカストマシンやそれに付随する生産設備のメンテナンスを行う生産技術の仕事に異動になりました。それまではマシンの操作や製品の品質確認など仕事の内容が絞られていましたが、生産技術の仕事に移ってからは設備の修理に必要な油圧や電気に関する知識、アルミを溶解する際に使用するLPガスを扱う為の資格取得、生産する際に出る排水の処理のなど鋳造以外の仕事もするようになりました。

仕事の範囲が増えるということは大変なことではありますが、自分のスキルアップにもなりますし、信用してもらえているということが実感できるのでやりがいを感じます。

株式会社川金ダイカスト工業を選んだ理由

地元で自分が学んできたことが活かせる会社だったからです。

就職活動の際、自身の都合により地元(熊本県人吉・球磨地域)で就職することをまずは優先していました。就職活動時の私は工業系の学校に在籍しており、また、鋳造の勉強をしていたので当社に興味を持ちました。

調べるうちに、田舎であるにも関わらず大手企業との取引もある会社だということを知り、確かな技術力を持つ会社であると感じたため、入社を決意しました。

就活生へメッセージ

これからの自分の人生を左右する大事な選択です。自分が本当にやりたいことは何なのかを真剣に考えて就職先を決めることをお勧めします。